プリペイドでの支払い

バス運賃支払い方法とは

バスの運賃の設定と払い方

バスの運賃の設定や支払い方には、バス会社によって差があります。まず、方式としては、一乗車ごとの一律運賃の場合と、距離によって変わってくる場合とがあります。距離によって変わる場合で多い支払い方は、乗車時に番号札を取って、降車時に支払いをするというものです。比較的新しい車両であれば、車内前方に電光掲示板がついていて、自分の番号だといくらになるかわかるようになっています。また、現金のみか、電子マネーが使えるかという違いもあります。現金だと、お釣りが出ないこともあるので注意が必要です。その場合は、両替機が備え付けられているか、そうでなければ運転手さんが手渡しで両替をしてくれます。いずれにしても、事前にどのような方式になっているかを確認し、準備しておくと安心です。

バス運賃の払い方について

東京や地方でも、電車以外の公共交通機関を利用するのではないでしょうか。バスの払い方は首都圏と地方では異なっていて、東京だとsuicaやPasmoのプリペイド型電子マネーが必ず利用できます。一方の地方だと名前は違っていても、プリペイド型電子マネーが使える地域と使えない地域の差があります。バスに乗ると乗車は地域や会社によって違いますが、真ん中か後ろから乗る事が多くて始発以外は券を取って乗ります。運賃は前で降りる際に払う事が多いです。東京だと大体は前から乗車した後に運賃を支払って、降りるのは後ろの会社が多いです。

↑PAGE TOP

Copyright © バス情報の確認の仕方とは. All rights reserved.